金融機関と良好な関係を築く方法

資金調達・金融支援をお手伝いします。お気軽にご相談ください。

  •  中小企業にとって、金融機関は不可欠な存在です。
     ここでは、「どのような金融機関とおつきあいしていくのか」、また「どのようにして金融機関と良好な関係を築いていくか」について、ご提案します。



  • 1.好ましい金融機関
     御社にとって好ましい金融機関とは、「支店長はじめ、行員が熱心で、親身に対応してくれる」金融機関です。
     一般的に、金融機関と取引を行う目的は、「必要なときに、安い金利で、必要な金額を融資してくれる」ことだと思います。
    確かに、これは御社が事業活動を行う上で、とても大切なことです。しかしながら、この点を一番の目的として金融機関とおつきあいすることが、はたして、御社にとって良いことなのでしょうか。
     喩え話で「金融機関は、晴れの日には傘を貸し、雨になったら取り上げる」と言われます。
     御社の業績が良いときは、とんとん拍子で融資が進みます。しかし、業績が芳しくなくなると、やがて金融機関の担当者の訪問回数が減っていきます。そして、業績が改善できなければ、厳しい対応に変わります。
     企業は、常に右肩上がりで成長し続けるわけではありません。経済情勢、事業環境等の外部要因の影響を受けますので、どうしても業績に波が生じます。
     業績が芳しくないときに、親身になって相談に乗ってくれて、対応してくれる金融機関こそ、御社にとって好ましい金融機関となります
     そのような金融機関から受ける恩恵は、融資にとどまらないでしょう。御社にとって有用な情報を提供してくれたり、販路開拓のため新規の取引先を紹介してくれたりします。あるいは、経営改善を図るため、御社と一緒になって検討してくれるはずです。
     預金や借入金などの規模を問わず、そのような金融機関とのおつきあいを深めることは、御社の発展に大きく寄与します。

    2.良好な関係を築くために
     金融機関と良好な関係を築くために、御社がすべきことは何でしょうか。
     それは、積極的な情報開示です。
    決算書類だけでなく、月次の試算表等を四半期毎に提示し、社長様が、自分の言葉で金融機関に説明することが、長くて厚い信頼を得られる土台になります。
     特に、業績予測が赤字になりそうであれば、できるだけ早い段階で、金融機関に説明することが大切です。その際、決算の着地見通し、赤字に至った理由、今後の改善策を説明してください。そのうえで、資金調達の時期、借入金額等を伝えてください。信頼関係を築くためには、言い出しにくい内容こそ、早めの情報開示が必要です。
    一番大切なことは、金融機関と信頼関係を築くことです。


    3.最後に
     金融機関とおつきあいするにあたり、どの金融機関が良いということは言えません。海外展開をしている企業であれば、メガバンクとの取引が必要となります。
    一方、地域で事業を展開している企業であれば、地域金融機関との取引が必要となります。
     従って、御社の事業規模と今後の事業展開に応じて、おつきあいする金融機関を選んでいただき、その金融機関と良い関係を築くよう日々努力することが大切です。